ケース紹介 市民生活分野 損害賠償
Case1 交通事故にあった
事案:  サラリーマンのYさん(40歳、月給30万円)は、道路を横断しようとしていたところ、Bさんの運転する自動車にはねられ、死亡してしまいました。
 Bさんが加入している保険会社は5000万円での示談を強引に押しつけてきましたが、Yさんの遺族であるAさんは、到底、納得できません。
 ただ、保険会社は、本件事案では5000万円が、通常の金額だと強気に主張して、一向に譲歩しようとしません。
解決:  Aさんは、X弁護士に、損害賠償請求を依頼。
 X弁護士は、まず、自賠責保険に対し、自賠責保険金を請求し、3000万円を受け取りました。
 その後、X弁護士は、Bさんに対し、損害賠償請求訴訟を提起。
 判決は、
葬儀費用 150万円
逸失利益 4300万円
慰謝料  2500万円
の合計6950万円を損害と認め、Bさんに対し、Aさん受領済みの自賠責保険額3000万円を控除した金3950万円の支払いを命じました。
 数週間後、Bさん加入の保険会社は、Aさんに対し、判決どおりの金額を支払ってきました。
Back